<幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ。/a>

幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ。

都内の大学生・うりこです。考えたことについてゆるく書きます。深いようで実は浅い。浅いようで実は深いような話。ブログ名は座右の銘。

ブログの文章を早く、そしてわかりやすく書くためは?初心者が考えてみた。

うりこです。これすごく考えています。切実な問題。
現状1記事書くのにかかっているのは、長くて1時間半!
いや、ブログ1記事でそんなにかかってたら絶対続かない気がする。
これはもっと早く書けるようにせねばならない。

さらに!ブログの中身にも問題。
伝えたいこと!言いたいこと!たくさんあるんです。
うりこの頭の中では完成されたすばらしい文章があるはずなんです!
でも!悲しいかな、いざブログに書こうとすると、あれ?
すばらしい文章だったはずが、なんだかよくわからないだらだらした文章になっている。
伝えたいことの半分も伝わっていない。
悲しい!

とてもとても悲しいので、なんでこうなってしまっているのかと、どうすればいいのかを考えてみました。

まず原因。

書き方にこだわりすぎなのが原因!?

たぶん、自分の中でのこだわりがありすぎるのかな、と思いました。
「ブログとは、こうあらねば!」みたいなものです。
ブログとは構成がちゃんとしていて~最初はこうやって始まって最後はこう終わって~
項目をきちんと分けて~ですます調で統一して~
とか。

もちろんあまりにもごちゃごちゃ思いついた順に書きまくっているのも絶対良くないんですたぶん。
でも、逆にきっちりしすぎてしまうとそもそも書くのが大変!

こだわらずまずは書く→後から修正

だから!これからこうしてみます。
「最初に思い浮かんだことをばーっと書く」
「そのあと、少し引いて読んでみて、見出しを考えたり修正を入れたりする」
これで、少しは早さやわかりやすさ(不自然でない文章であること)は改善するかな。

さらに!改善案1つ目「思い浮かんだことをばーっと書く」ために考えたこと2つ。

1つめ、「特定の実在する誰かに語りかけるイメージを持つ」
よく言われていることですが、やっぱりターゲットがはっきりしないと文章もはっきりしなくなってしまいますよね。
例えば就活の記事だったら「1つ下の後輩の○○ちゃんに教えよう!」とか
何かのレビューの記事だったら「友達の○○にすすめてみよう!」とか、イメージしてみます。
ちなみにこの記事は自分に向けたものです。笑

2つめ、「テーマがパッと思いついた瞬間に書き始める」
テーマが思いついたらとりあえずそれを下書きにメモしておいて、後で時間があるときに書く…
というのを今までよくやっていました。
でも、そういうアイデアって時間がたつと「あれ?どういうことを書こうとしていたんだっけ?」となりがち。
そしてなんだかよくわからない薄ーい記事ができあがってしまう。
よくないですね。
時間的な制約ももちろんあるので必ず!とは言えないですが、
できる限り思いついた瞬間にばーっと書き上げるようにします!



ひとまず以上のことをやってみて、どんな感じに変わるか様子を見てみますね。
文章の書き方に関する手厳しいコメントも、大募集しております~。





就活してよかった、と本気で思った理由。辛いだけじゃない。

こんにちは、うりこです。

就職活動中のそこのあなた(今は2019卒でしょうか)。
就活って大変じゃないですか?辛くないですか?
今はそこまで厳しくないけど選考が本格的になると辛くなってくるんじゃないかな、と不安に思っている人、たくさんいると思います。

はい、実際大変です。経験者は語ります。
興味あることなんてよくわからないのにとにかく動かないといけない。
自分の強みを探しているけど見つからない。
やっと見つかったかも?と思った志望企業にお祈りされた。
…想像するだけで悲しくなってきます。

そんな悲しくて辛いことばかり?な就活ですが、ネガティブなことばかりではないです。
今年就活を終えた私が、本気で「就活してよかった」と思った理由を書きます。
この記事を読んで、ちょっとでも希望を持って就活を進めることができたらいいなあ。

それではここから、詳しく語っていきます。

色々な人に就活という名目で会えた。話を聞けた。

ひとつめ。

こんなにたくさんの企業の話を聞ける、そしてこんなにたくさんの人に会えるのはなかなか貴重です。
企業はもちろんですが、大事だなと思うのは人の方。
就活中で会った人のおかげで、ちょっとだけレベルアップしたな、と思います。

私は今までこんな方々にお会いし、お話を聞いてきました。
・人材業界のAさん。かなりぶっ飛んでいるけどすごく仕事に真剣で、熱い。
・コンサル業界のBさん。面接練習までしてくださった。
・なんだかものすごくフリーダムな生き方をしているCさん。お話を聞いて長期的な視野を持てるようになった。私に対して「ねばれ」というとても的確なアドバイスをくださった。
ベンチャー役員のDさん。自社についてもぶっちゃけすぎ&経歴すごすぎでびっくりした。
…などなど。
ちなみに4番目のDさんの会社に就職します。

自分が会いたいと思った人に、「就活生」という肩書だけで会いに行ける。よっぽどのことがなければ。
もしかしたらめちゃくちゃ尊敬する生き方をしている!この人みたいになりたい!というような人に会える。
すごく素敵だと思いませんか?
「ちょっと自分とは合わないなあ」という人でも、少なくとも自分の視野はすごく広がります。だって普段だったら絶対会ったり話したりしないのですから。

あ、ちなみに最近は「OB訪問マッチングサイト」なんてサービスもあります。
会える人がより増えたって感じ。私も就活中すごくお世話になりました。

matcher.jp


自分はまだまだなんだということに気が付けた。

ふたつめ。
「選考に落ちる」「否定される」の裏返しかーい!というツッコミもしたくなりますが(笑)
すごく大事。

今までなんとなく同じくらいのレベル感の人達とゆる~くぬくぬくと過ごしてきた私。
しかし就活を通じて自分より優秀な人の存在を実感しました。
インターンでめちゃくちゃ頭の回転速くて見た目もきれいめで性格も良くて面白い就活生を何人も発見した時の衝撃たるや!

え、これはメリットとは思えない?
いや、早いうちに妙な「根拠のない自信」を打ち砕かれておいてよかった、と思います。今では。

自分のことについて、思ったより全然知らないんだということに気が付けた。

みっつめは、自己分析がらみのお話。

あの、正直に言いますと、私今でも自分のことがよくわかっていません。
自己分析したのに!
でもこれだけはわかりました。
「自分って、思ったよりよくわからないものなんだなあ。」
ソクラテス風に言うと「無知の知」とかいうやつですね。これは。

自分のことについてこれだけ考える機会って今まで全くありませんでしたし、考えた結果「よくわからない」となるのは実は大きな発見かなあと思います。
(恥ずかしながら、高校受験や大学受験の時ですら何も考えずに志望先をぽいっと決めていました)

人生で初めて挫折感を味わった。

よっつめ。なんかもう…一見ネガティブな内容ばかりでごめんなさい。

つまり、社会に出る前のタイミングで挫折をしておいてよかったな、ということです。
実は、就活をするまで私は挫折とか、何かに落ちた、不合格になった経験が全くありませんでした。
高校受験大学受験では一校も落ちていないですし、漢検や英検も全部合格しています。(自慢…に聞こえがちですが就活中は本気で「挫折したことがないこと」について悩んでいました)
あ、一回バイトの面接で落ちてた。とかそれくらいのレベルです。

挫折感を味わう、という経験をできたこと自体がすごくよかった。
それに、うまくいかなくて悩んだり落ち込んだりした分、自分ととことん向き合って思い切った決断もできたのかな、と思います。

挫折してホッとするっておかしな話かもしれませんが、就活していて一番良かったポイントです。


最後に、就活生のあなたへ。

「世の中には、成功と失敗があるのではなく、成功と成長しかない!」
という言葉があります。(下の本の著者、福島正伸さんの言葉です)


辛いこと、たくさんあると思いますがそれは失敗ではないです。
辛い経験も、後から振り返れば経験しておいてよかったなと思うはず。
ポジティブに、そして今と先を見ながら、やり切ってほしいなと思います!

それでは!




お金がいくらでもあったら住んでみたい家は?

うりこです。

以前の記事「20代のうちにやりたいことは?」のうちの一つに挙げていた
「いい感じの賃貸マンション借りる」。
今日はこれについて詳しく語ります。

私の好み、憧れについて語っているだけの自己満足記事です。
(夢とかそういった類のことについて語るメリットは実はあります。詳しくは後ほど別記事で)
あんまり読む側にメリットはないですが、楽しく読んでもらえたら嬉しいです。


まず大前提。

  • 結婚や同棲はしていない。一人暮らしの設定。

正直今の私でイメージしきれるのって結婚前の一人暮らし時代だけです。まだ一人暮らし経験ありませんし。
住んでみたい家・結婚後ver.は実際に一人暮らしを始めてから考えますね。

それから私の属性を少し。

  • 生まれてから現在まで引っ越しなし。
  • 都会に近い田舎の平屋(ちょっと古め・広め・庭あり)に住んでいる。
  • 兄弟姉妹なし。

こんな「住まいに関する経験・特徴」を持つ私が理想に思う家は、こんなのです。

f:id:goonthisway:20170906183802j:plain

ある程度、生活感のある駅にある。徒歩10分くらい。

生活感のあるとは、つまり、六本木とか中目黒とか白金とか、そういう「おしゃれでそこに住んでるってだけでステータス」
だけども「物価が高い」「地元民がほとんどいない」「スーパーがあんまりない」みたいなところ…じゃないところを指します。
スーパーがあって、タワーマンションや高層ビルだけじゃない住宅街があって、ちょっとがやがやしていて…
みたいなところを好みます。

徒歩10分はギリギリ許容ラインです。
実家住みならいくらでも歩きますが、私一人で夜に駅から歩いて、誰もいない家に帰ることを考えると、こうなりました。

新しめ、きれいめ。セキュリティ〇。マンション内に入るのにも鍵がいる。

セキュリティはお金かけられるなら絶対かけたいですよね~。
建物に入るのにも鍵が必要って、なんとなくVIP感もあって嬉しい。

本当は「管理人さん常駐」なんかも書きたかったんですが、あまりにも現実感ありすぎで楽しくなくなるので、省きました(笑)

玄関そんなに狭くない。人2人いられる。

生まれてから21年間、広めの実家で暮らしてきたからでしょうか、
狭い玄関にものすごく圧迫感・違和感を感じてしまいます。
マンションですし、そこまで贅沢は無茶かなあと思うのですが2人分くらいのスペースはほしい。

…しかし来年から玄関が狭い家に住む予定なので、もしかしたら慣れてしまうかもしれません!

入ってすぐ、なんか広いスペースがある。

完全に好み、イメージによります。
疲れて仕事から帰ってきて、靴を脱いだらそこには開放感のあるひろーいスペース!
家に帰るのが楽しみになりそうです。気持ちがすっきりしそう。

寝室は、奥の方。

理由は単純です。
寝室が玄関から近いところ(リビング、ダイニングより手前)にあると、家に帰って即寝てしまうから…
やはり自分の行動の順番通りに、お部屋も配置したいですよね。
(部屋の順番まで気にしないとちゃんと生活できないのか!というツッコミはご容赦を…笑)

キッチンがそこそこ充実していて広め。リビング、ダイニングも広め。

体の健康のため、心の健康のため、そして家計のためにも、自炊は習慣にしたいものです。
キッチンがいい感じなら自炊が楽しくなりそう。
そして食べるスペース、リラックスするスペースが広かったらもっと楽しくなりそう。

ベランダがある。洗濯物干せる。

超実用的なこだわりポイントです。
まあ必要ですよね、という。それだけ。
あ、あと、時間的に余裕があったらベランダ農園やりたいなとも思っています!

窓がいろんなところにある→できれば角部屋。

開放感重視です。
少なくとも寝室には窓があってほしいです。日の出とともに起きたいから。(理想です)


…はい、以上です!
「お金がいくらでもあったら」という夢のような条件の下でしたが、その割には意外とリーズナブルになりそう!?
お金を使えば使うほど快適な暮らしができるというわけではないみたいですね。当たり前でしょうか。

とはいえ私の初任給なんかと比べると数倍の収入は必要そうです。
頑張って早く稼げる人間になりたいです。そして理想の住まいを手に入れる!


今日はこれまで。
誰得記事、読んでくださってありがとうございました!
不動産屋さんなら役に立つかもしれないですね!





「残念な寝落ち」しないためには?

おはようございます!
大学生なのでまだ夏休み。平日のこの時間もフリーに使えます。うりこです。

ありませんか?こんなこと。

  • 夜ご飯食べたあと、まだやることもあるのになんとなくベッドに腰かけてしまった。いつの間にか朝だった。
  • ちょっと疲れちゃったからベッドに寝っ転がりながら勉強しよう~作業しよう~と思ったら寝ていた。
  • 朝、準備全部終わった。ちょっとまだ眠いのでベッドでごろごろしていたら寝ていた。

f:id:goonthisway:20170905100153j:plain


…私は全部あります。
こういうの、残念な寝落ちといいます。
積み重なってくると辛いものがあります。
週3日残念な寝落ちをする、そこで図らずも平均2時間余計に寝てしまうと。
…月24時間=1日分、1年で12日分、使いたかった時間を削ってしまうことになります。
(もちろん睡眠をとることは大事ですが、「意図しない寝落ち」は良くないので。)

そこで!
先月に「残念な寝落ち しないためには?」というテーマで書いたのがこれ。

f:id:goonthisway:20170905233921j:plain

1つずつ紹介していきます。

とりあえず、さあ寝るぞ!というとき以外はベッドに横にならない。座る・腰かけるもNG。

原則ですね。
ベッドに近寄らなければ寝落ちの確率は相当低くなります。
さあ寝るぞ!と思って予定通り8時間寝たときと、期せずして寝落ちし、6時間のつもりだったのが8時間睡眠になったとき。
起きたときのがっかり感?ショック?罪悪感?ストレス?全然違います。
どうせなら毎日「さあ寝るぞ!」!と思って寝たいですね。

机に向かっていて/食卓で、といった場面で寝てしまうのは、また別の問題として考えた方がいい気がします。

やよライスや歯磨きは、ごはん食べてすぐやる。

やよライスというのは私の家で飼っている犬にごはんをあげることです。
要するに、寝る前に最低限やっておくべきタスクをささっとやっておくことで「残念な寝落ち」を「寝落ち」にやわらげようということです。

座りたくなったら(部屋で)、バランスボールかイスに座る。

1番目のものと重なりますが。
とにかくベッドに近づくな!!!ということです。
バランスボールの上では絶対寝られないですね。不安定すぎ。

書く系、勉強系は寝る部屋でやらない・持ち込まない。

そのままです。
正直書くものや勉強道具を寝る部屋に持って行って、ちゃんとできたためしがありません(笑)

読書(小説)はギリギリOK、でも寝っ転がって寝るつもりないのに読むのはNG。

そのまま寝るつもりで、ベッドの上で本読むこと、ありますのでそれはセーフ。
(目が悪くなりそう&寝落ちなので電気が消せないのがネックですが…)


以上です。
要するに、あれです。
メリハリをつけろーーー!
ということです。
寝るつもりがあるならベッドで何しても構わない。
でも、寝るつもりないのにごろごろだらだらぼけーとしているのは絶対ダメ。

最近また寝落ちが続いているので…ここらで気を引き締めてスッキリ生活に戻します!

人間の底辺のような記事でした。
良い睡眠を~。

それでは。





20代のうちにやってみたいこと

こんばんは♪

最近涼しい日が続いて上機嫌のうりこです。

今日は、昨日メモ書きした
「20代のうちにやってみたいこと」
について語ります。

20代のうちにやってみたい、やっておきたいこと、と調べるといろいろな検索結果が出てきます。

wasabeef1992.hatenablog.jp

とか

kotalab.com

とか

本まで出ていますね。

20代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

20代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

これ書評です。↓

the5seconds.com

20代の過ごし方についてはいろいろな人がいろいろなことを考えています。
私も考えてみました。

f:id:goonthisway:20170904213140j:plain

これです。書いたとき思いついたものだけですが、9個あります。
(あと1個書けたらキリが良かったのに…!)
1つずつ紹介しますね。

海外ののんびりしたところで1週間くらい過ごす

いわゆるバケーション!みたいなことがしてみたいです。
仕事の悩みなんて一瞬で吹き飛びそう。

色々な人と会う。はやりのシェアリングサービス使って、自分から会いに行く。

色々な人の話聞くの、単純に面白いです。
普段のコミュニティとは違った人と話せるので、視野が広くなりそう。
あと私、会話下手なのでそれもトレーニングしたいです(笑)

自分で売れるスキル的なものを身に付ける。

所属している会社の中で役に立つだけではなく、そのほかの人にも役立てるスキルがほしいなあ、と思いました。
最近timeticketとやらに興味を持ったのがきっかけで、こんなことを考えるようになりました。

定期的にテニスする。草トー出る。

高校生のころからテニスを続けているのですが、当時テニスを始めた理由が
「大人になってもつづけられそうだから」(笑)。
せっかくここまで続けてきたので生涯の趣味にしたいです。

いい感じの賃貸マンション借りて快適に過ごす。

これはもう憧れです。
駅徒歩何分で~間取りは~キッチンは~立地は~みたいなことを延々と妄想しています。
「いい感じの賃貸マンション」借りるには相当稼がねばならないのがネック。頑張ります。

何か語れるものを身に付ける。

何でもいいんです。
仕事でも、趣味でも。
語っていて時間を忘れるようなものがあったら素敵だなあと思うんです。

勝つ・一番になる。何かの分野で。←仕事だと一番うれしい!

やっぱり一度「一番」「トップ」を経験するとまた新しいものが見えてくると思うんです。
…と、誰かが言っていました。

まくらとかマットレスとか照明とか、寝る環境に徹底的にこだわる。

ちょっと適当になってきたでしょうか(笑)
しかしこれも憧れ。寝るためだけの部屋を作りたい!最高の環境の中で眠りたい!

行きつけのカフェ、居酒屋/バーをつくる。

これも、違うコミュニティがほしいからです。
ちょっとした仕事の悩みなんか、カフェの店員さんやバーのマスターなんかにしゃべったらよさそう。


以上9個でした。

これ、9個それぞれについて詳しく書けるぐらい色々妄想しております。
またの機会に語りますね。

それでは、今週も頑張りましょう!




ゆるめに路線変更します。お久しぶりです。

ご無沙汰の投稿になってしまいました。うりこです。

突然ですが、ここで路線変更。そしてブログ名変更のお知らせです。

  • 路線変更

挑戦記
→「ゼロ秒思考」のメモ書きを基にした、うりこの頭の中身あれこれ。

…とします。
※ゼロ秒思考については後々紹介記事書きます


Q.いきなり久しぶりに更新したと思ったら路線変更?なんで!?

A.ブログ更新のハードルが高かったからです。恥ずかしながら。

正直毎回の更新で、テーマを事前に決め~挑戦したあと構成を決め~文字数意識しながら書き~
…は、ちょっと私には難しかったのです。

ということでかなりハードルを下げ、「頭の中身」というざっくりした話題、書き方に変更することにしました。

  • ブログ名変更

路線変更に伴い、もっとゆるめのブログ名にします。

「幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ。」
これ。

実は座右の銘です。

堅苦しそうなブログ名ですが、「好きなこと書いてます~」感が出るかなあと思って、好きな言葉を選んでみました。


次からゆるい更新スタートします。
「20代のうちにやってみたいこと」について書こうかな~。

体育会系部活の合宿をレポートしてみた。1日目

大学の、体育会系の、部活。
あなたはどんなイメージを持っていますか?

考えたこともないですよね。

今回は、そんな体育会系部活の「合宿」について、レポートします。
個人・匿名でのブログ公開は初めてなのでは??
ぜひ読んでもらって、少しでも興味を持ってもらったらいいな、と思います!

f:id:goonthisway:20170224232410j:plain

今日は1日目、出発~宿に到着~練習~ごはん~ミーティング、です。

8:30 大学を出発。移動は貸し切りバス。

部員は大学に集合して、貸し切りバスで宿まで移動します。
出発前には、自分たちの荷物を詰め込むのはもちろん

  • ボール(大きなごみ袋10袋分くらい!)
  • ホワイトボード(練習内容を書いて皆に見せます)
  • コーン(三角のやつです。練習中に狙うところの目印として使います)

などをバスに積みます。

移動中は、みんな自由。
隣の人としゃべる人、寝る人、スマホをいじる人、など色々。
そうこうしているうちに某県某所の宿に到着です。

13:30~ 練習。その後にハードなトレーニングも。

宿について、荷物の整理や昼食を終えたら、いざ練習へ。
サークルではなく部活なので、事前に練習メニューや目的が決まっています。

  • 移動は小走り
  • 声出し(ファイト!とかナイスショット!とか)
  • 休憩時間をきっちり計る

など、いかにも体育会っぽい要素は実際ありますよ~。
でも、これもちゃんと目的があってやっていること。
理不尽さを感じることなく、みんなで活動をしています。(と信じる。)

そして練習の最後には、トレーニングが!!
例えばラインタッチとか。
詳しくはこのページ↓なんかを参照してほしいのですが、まあきついです。
テニスのフットワークを良くするトレーニング方法とは? |
その他最近はやっている!?体幹トレーニングもやります。
トレーニングは、すべて合わせて30分程度。

へとへとに疲れた体で宿に戻り、おふろに入ったら夜ご飯です!

18:00~ 夕食→ミーティング。体育会もよく考えているんです。

(個人的には)合宿中で一番の楽しみにしているのが、ごはんです。
今回の宿はとてもごはんにこだわっている宿。
おかずが10品はあったのでは?というくらいでした。
一般的な体育会のイメージ「ごはんもりもり」ではなく、むしろ「おかずもりもり」のお食事です。

少しの自由時間を挟んで、ミーティングへ。
今回のテーマは
「部の強み・それをもっと活かせないか?」
「部の弱み・それを克服するためには?」
「個人目標の進捗報告・今後の方向性」
でした。
ただ気合いで練習するだけ!が体育会ではありません。
1年間の方向性を決めて、練習以外の場でも考えて、練習の質を確保して、ということも重要だと分かってやっているのです。
ここは私たちの部で自慢できるところ。

23:00~ 就寝

寝る前にコンビニに行く人もいますが、23時頃から皆寝始めます。
明日は一日中練習。睡眠は十分に確保しなければ。

私もそろそろ寝ようと思います。
おやすみなさい!