<毎日ちょっとの挑戦記/a>

毎日ちょっとの挑戦記

都内の大学生・うりこが、日々のちょっとした挑戦や試したことについて記録してみます。

テンション高めの会話に挑戦。まじめな話では難易度高かった。

今日2回目のこんにちは!うりこです。

 

よく言えば冷静で穏やか、悪く言えばテンションが低く会話が盛り上がらないタイプの私。

今日はOB訪問という貴重な機会を使って、「テンション高めの会話」に挑戦しました。

 

が…お仕事や会社の話をするOB訪問の場では、「テンション高めの会話」は難しかった。

次はもう少しハードルを下げて挑戦したいな。

そんな記事です。

 

※OB訪問とは

「OB・OG訪問とは、新卒学生が行う事が多く、
自らが志望する企業で実際に働いている先輩社員を訪問し、
会社、仕事内容、働いた感想、アドバイスなどの話を聞く行為を言います。」

OB・OG訪問とは - コトバンク より

 

目的:相手に良い印象を与えつつ、自分でも楽しく会話ができる。

 

 実は私、以前にもOB訪問というやつをやったことがあったのです。

しかし、いまいち盛り上がらなかった。話す内容は面白かったのに。

OBの方にも特段良い印象を持ってもらったように思えない。

 

なぜだろう?

就職活動において、OB訪問はうまいこと使えば選考をすごく有利に進められる機会になります。

人事に口を利いてもらって面接の回数が少なくなったり、そこまでいかなくとも選考に関してアドバイスをもらったり。

そんな大切な場で、同じ反省をくり返している暇はありません。

いまいちだった理由について、自分でよくよく考えてみました。

 

結果、

・質問する内容を詳しくつめきれていない

・ご飯を食べながらの会話しながらのメモ取りに慣れていない

といった点に加え、

・全体的にトーンが低く、テンションも低い。

も大きな原因だということが判明。

無理にテンションを作る必要はないにしても、できるのならテンション上げていくに越したことはないな。興味がないように見えてしまうし。

そう思って、今日のOB訪問で挑戦することにしました。

 

やってみた

 

今日の11時半。某駅近くの純喫茶(!)にて。

お昼を食べながらなので、難易度は以前と変わらず。

ちなみにたらこスパゲッティを食べました。たらスパ好きです。

ちなみに具体的には

「思い切りのいい笑顔」「話し始めの発生をクリアに」「声のトーンを一段階上げる」

の3点を意識して、やってみました。

 

感想その1:序盤のあいさつ程度なら、できる。

 

待ち合わせ場所で、顔を合わせるとき。

「こんにちは!」

これは、できました。

お店の席について、自己紹介。

「~大学の、~と申します!大学では~をやっていて、~」

これも、できました。

 

言う内容がある程度決まっているからでしょうか。

無理なくテンションは上げられました。

これは次の機会でも続けられそうです。 

 

感想その2:しかし、まじめな話に入ると、トーンが下がる。

 

考えている内容がまじめだと、テンションもまじめになってしまうのでしょうか。

もしくは、非定型の会話なので、自信がなくなってくるのでしょうか。

「御社の~は、~なのでしょうか…?(おそるおそる)」

という感じになっていました。

自信ないの丸出しですね。

あ、でも、「へえー!」「そうなんですか!」といった相づちは、テンション高くできましたよ!(低レベルですね)

 

内容面で自信を持てるよう、準備をもっとしっかりするのはもちろん、

事前に考えてきた質問くらいは!はきはきテンション高く聞けるようにしたいなと痛感しました。

 

まとめ:もうちょっとフランクな話題のときに練習しよう。

 

普段テンション低めの私が、OB訪問という難易度高い場面でいきなりやろうとしたのは、ハードル高かったみたいです。

普段から、テンション高めに会話するように意識して習慣づけてみようと思います。

テンションが低いと気分も下がりがちですし。

 

まずは今日、友達と飲んでくるのでそこでやってみます!

それではー!

読んでくださってありがとうございましたー!!!(テンション高い)