<毎日ちょっとの挑戦記/a>

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日ちょっとの挑戦記

都内の大学生・うりこが、日々のちょっとした挑戦や試したことについて記録してみます。

パワーナップ=戦略的昼寝は噂通り効果てきめんだった。

こんばんは!うりこです。

パワーナップとは、戦略的昼寝のことです。
(私はそう理解しています。笑)
つまり、寝不足なのに/午前にものすごく疲れたのに、午後も頑張って無事睡魔に負けるのではなく、
意図的に、時間をとって昼寝をすることで午後もスッキリ仕事ができる!
というものです。

f:id:goonthisway:20170220231000j:plain

今日はこれに挑戦しました。
え、正直あまり期待してなかったのに、しっかりポイント押さえてやったらすごい効果。
でも、場所の確保が壁。

そんな記事です。

目的:午後の眠気を撃退して、超能率的な時間にする。

多くの日本人がそうであるように、私も午後の眠気には悩まされてきました。
特に、午前に全力で動き回った日の眠気といったら!
最強の眠気とはこのことを言うんだ、というレベルでした。
(実は私、体育会の部活に入っているのです。練習はハード。)

しかし!
眠気をネタにできる、笑っていられる時代は終わってしまいました。
午後もできるだけ効率を上げて、さっさとやることをやってしまう必要が出てきました。
そこで!
ネットで「パワーナップ」なんて用語を見つけ、今日やってみた、というわけです。

やってみた

ちょうど、今日は午前に練習があります。
パワーナップ効果を見るには絶好の機会。

午前思い切り動き、カフェに移動し、軽くご飯を食べる。
(ちなみに某コーヒーチェーンのクロックムッシュ。)
満を持して、パワーナップに挑戦です。

その前に:ポイントは3つ。
  1. 昼寝時間は15~20分程度にとどめること。
  2. 寝る前に、コーヒーなどのカフェインを摂取すること。
  3. 15時までに昼寝すること。

特に、カフェインの摂取は意外ですよね。
寝る前にコーヒーなんて飲んだら眠れなくなるじゃないか!
と、思いがちです。
しかし、そうではなくてカフェインの覚醒作用が効き始めるのは摂取後20分~だそう。
(諸説あります)
起きた後のスッキリ感を手助けしてくれるのです。

以上のことについては、こちら

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

のDaigoさんの本(p.178~181)や、こちらのページ
suimin-hirou.com

を参考にしました。
詳しくはそちらでお読みください!

で、やってみたんです。

感想1:一言でいうと、効果てきめん。

これ以上、何も付け足すことはないくらいです。

いや、すごい。
正直「まあ効果あるって言っても多少はぼーっとすることもあるだろうな」
くらいの気持ちでいました。
ところが!
全く支障がないレベル。
眠気?なにそれおいしいの状態でした。

眠気のねの字もなく、作業に集中することができました。

感想2:でも、どこでもパワーナップできるわけではない。

私、今日はカフェでパワーナップしました。
非常識ですね。
カフェは寝るところではありません。
一応「かなり空いていた」カフェではありますが、正直私としても大っぴらに寝るのははばかられ、
はじっこの、他の人に見えづらい席で、「本を読んでいたら寝落ちた」風を装って寝ていました。

と、いうように、スペースがないんですよね。
今回は辛くもカフェでのパワーナップを断行しましたが、混んでいたら絶対にできません。
すると、どこでできるんだ?家?
という話になってしまいます。

効果はあるのに、場所の確保が一番のネックとなります。
「数十分寝る」という行為に対して変な目で見ない空気が広がればやりやすいんですが。

以前「お昼寝カフェ」というものがありました。
私の行動範囲にも来てくれないかな~とこっそり期待していましたが、
営業をやめてしまったようです。残念。
www.corne.jp
こんなお店でした。

まとめ:場所を確保できるのなら、パワーナップは絶対にするべき。

効果抜群。
難しくない。
でも、場所がない。
それがパワーナップです。

場所が確保できる人。「昼寝」に対し寛容な空気がある職場の人。
午後の眠気に悩まされているのなら、ぜひパワーナップをおすすめします。
むしろやってください。お願いします。

昼寝できる場所なんてない人。
どうにかして確保して、パワーナップ始めましょう。
私もこれから、場所探しに励みます。


それではまた!