<幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ。/a>

幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ。

都内の大学生・うりこです。考えたことについてゆるく書きます。深いようで実は浅い。浅いようで実は深いような話。ブログ名は座右の銘。

お金がいくらでもあったら住んでみたい家は?

うりこです。

以前の記事「20代のうちにやりたいことは?」のうちの一つに挙げていた
「いい感じの賃貸マンション借りる」。
今日はこれについて詳しく語ります。

私の好み、憧れについて語っているだけの自己満足記事です。
(夢とかそういった類のことについて語るメリットは実はあります。詳しくは後ほど別記事で)
あんまり読む側にメリットはないですが、楽しく読んでもらえたら嬉しいです。


まず大前提。

  • 結婚や同棲はしていない。一人暮らしの設定。

正直今の私でイメージしきれるのって結婚前の一人暮らし時代だけです。まだ一人暮らし経験ありませんし。
住んでみたい家・結婚後ver.は実際に一人暮らしを始めてから考えますね。

それから私の属性を少し。

  • 生まれてから現在まで引っ越しなし。
  • 都会に近い田舎の平屋(ちょっと古め・広め・庭あり)に住んでいる。
  • 兄弟姉妹なし。

こんな「住まいに関する経験・特徴」を持つ私が理想に思う家は、こんなのです。

f:id:goonthisway:20170906183802j:plain

ある程度、生活感のある駅にある。徒歩10分くらい。

生活感のあるとは、つまり、六本木とか中目黒とか白金とか、そういう「おしゃれでそこに住んでるってだけでステータス」
だけども「物価が高い」「地元民がほとんどいない」「スーパーがあんまりない」みたいなところ…じゃないところを指します。
スーパーがあって、タワーマンションや高層ビルだけじゃない住宅街があって、ちょっとがやがやしていて…
みたいなところを好みます。

徒歩10分はギリギリ許容ラインです。
実家住みならいくらでも歩きますが、私一人で夜に駅から歩いて、誰もいない家に帰ることを考えると、こうなりました。

新しめ、きれいめ。セキュリティ〇。マンション内に入るのにも鍵がいる。

セキュリティはお金かけられるなら絶対かけたいですよね~。
建物に入るのにも鍵が必要って、なんとなくVIP感もあって嬉しい。

本当は「管理人さん常駐」なんかも書きたかったんですが、あまりにも現実感ありすぎで楽しくなくなるので、省きました(笑)

玄関そんなに狭くない。人2人いられる。

生まれてから21年間、広めの実家で暮らしてきたからでしょうか、
狭い玄関にものすごく圧迫感・違和感を感じてしまいます。
マンションですし、そこまで贅沢は無茶かなあと思うのですが2人分くらいのスペースはほしい。

…しかし来年から玄関が狭い家に住む予定なので、もしかしたら慣れてしまうかもしれません!

入ってすぐ、なんか広いスペースがある。

完全に好み、イメージによります。
疲れて仕事から帰ってきて、靴を脱いだらそこには開放感のあるひろーいスペース!
家に帰るのが楽しみになりそうです。気持ちがすっきりしそう。

寝室は、奥の方。

理由は単純です。
寝室が玄関から近いところ(リビング、ダイニングより手前)にあると、家に帰って即寝てしまうから…
やはり自分の行動の順番通りに、お部屋も配置したいですよね。
(部屋の順番まで気にしないとちゃんと生活できないのか!というツッコミはご容赦を…笑)

キッチンがそこそこ充実していて広め。リビング、ダイニングも広め。

体の健康のため、心の健康のため、そして家計のためにも、自炊は習慣にしたいものです。
キッチンがいい感じなら自炊が楽しくなりそう。
そして食べるスペース、リラックスするスペースが広かったらもっと楽しくなりそう。

ベランダがある。洗濯物干せる。

超実用的なこだわりポイントです。
まあ必要ですよね、という。それだけ。
あ、あと、時間的に余裕があったらベランダ農園やりたいなとも思っています!

窓がいろんなところにある→できれば角部屋。

開放感重視です。
少なくとも寝室には窓があってほしいです。日の出とともに起きたいから。(理想です)


…はい、以上です!
「お金がいくらでもあったら」という夢のような条件の下でしたが、その割には意外とリーズナブルになりそう!?
お金を使えば使うほど快適な暮らしができるというわけではないみたいですね。当たり前でしょうか。

とはいえ私の初任給なんかと比べると数倍の収入は必要そうです。
頑張って早く稼げる人間になりたいです。そして理想の住まいを手に入れる!


今日はこれまで。
誰得記事、読んでくださってありがとうございました!
不動産屋さんなら役に立つかもしれないですね!